2020年2月6日木曜日

労作日記(2020.2.3) 【2年月山クラス】

2月3日(月)4限、月山クラスの労作です。

小雨の降る中、月山クラスの労作は外で2つのコースに分かれて行いました。

 

①豚糞の塊を、畑から労作教室まで一輪車で運び、スコップで細かく砕く。

 豚糞は作物を育てる上での大切な肥料です。土によく混ざるよう細かく砕き、乾燥させます。やり始めたらみんな楽しそうに、そして一生懸命取り組んでいました。

 途中、大きな幼虫に出会いました。お別れの投げキッスをし、土にまた戻してあげるという一幕もありました。虫にもやさしい月山だなと思いました。

 

②駐車場のでこぼこ水溜りを、砂利で埋める。

 スコップ、一輪車の使い方が上達したなと思うほど上手に道具を使い、黙々と取り組んでいました。水溜りが埋められていくにつれ、達成感も得ることができました。

 途中、カメラを避け、不自然なほど前かがみになり一輪車を押している子もいました。一輪車にそれほど砂利は入っていない気もしますが、謙虚さあふれる月山だなと思いました。

0203_ro01 0203_ro02 0203_ro03 0203_ro04 0203_ro06 0203_ro07 0203_ro08 0203_ro09 0203_ro10 0203_ro11 0203_ro12 0203_ro13 0203_ro14 0203_ro16



2020年1月24日金曜日

労作日記(2020.1.24) 【1年若橅クラス】

 1月24日(金)5限、若橅クラスの労作です。

 気のせいでしょうか。金曜日の午後ってなんだか天気が崩れる確率が高いような・・。

 今日もだんだんと雲行きが怪しくなり、授業直前まで天気予報とにらめっこ状態でしたがなんとか外で作業をすることができました。

 今日の作業は「寒肥」。正直、私にとっても「??・・・どうも、はじめまして」な言葉でした。寒い冬を越えて、春に植物が大きく育つために、根元に堆肥を盛ることを指すのだそうです。畑まで行き、堆肥の山からスコップで一輪車に堆肥を積んでいきます。強風に煽られ、帽子が飛ばされます。寒いし、風は強いし、髪はぼさぼさになるし。でも、生徒たちはひるみませんでした。気合を入れて積みすぎた堆肥の重さにふらふらしながらも、ようやく木々のところまで一輪車を押していき、堆肥を盛ります。

 私がカメラを構えていると、自分からフレームに入り込んでくる生徒がたくさんいました。パジャマのような労作着に身を包み、大きな岩に背中を預け、ステッキか何かのようにスコップに手を添えてモデルさながらポーズを決めてくる人、おそろいの帽子、マスク、合羽、長靴で「映えぇぇ!!」と迫ってくる人。楽しそうで何よりです。もちろん、作業もきちんとしました。今年度の労作の授業も残りわずかとなりました。堆肥を盛った木々と同じように私たちも冬の間に栄養を蓄えて、春に2年生として芽吹きたいですね。

0124_ro01 0124_ro02 0124_ro03 0124_ro04 0124_ro05 0124_ro06 0124_ro08 0124_ro09 0124_ro10 0124_ro11 0124_ro12 0124_ro14 0124_ro15 0124_ro16 0124_ro18 0124_ro19 0124_ro20 0124_ro21 0124_ro22 0124_ro24 0124_ro26 0124_ro27 0124_ro28 0124_ro29 0124_ro30 0124_ro31 0124_ro32



2020年1月18日土曜日

労作日記(2020.1.17) 【1年苗場クラス】

 1月17日(金)6限、苗場クラスの労作です。 

 曇天の影響もあってか、「先生、今日の労作は?」と沢山の生徒が朝から聞いてくる。この問いの裏側にはもちろん『今日は天気が悪いし、寒いから中で労作をしますよね!?』という思惑が隠れている。私はそんな思惑を感じつつも「どうかな!?天気次第かな!?」ととぼけてみた。この時点で私は今日の労作は外で行うと決めていた。大雨だったらさすがに中での労作も検討したのだが、残りわずかとなったクラスでの時間を外で過ごしたいという気持ちがあったのでね。

 午後に向けて空から日が差してきた。朝の決意を後押ししてくれているかのように!生徒には諦めざるを得ない状況が生まれた。本日の労作は畑にある豚糞を労作教室へ移動させて、春からの肥料にするというお仕事。説明をすると予想通りにみなさん後ろ向き発言。「汚い!臭い!」との声が沢山。そんな声を半分聞き流しながら準備を進めて現場へ。仕事が始まってからの彼らにはいつも本当に感心させられる。もちろん口は動く。相変わらず「汚い!臭い!」の声が聞こえてくる。しかし、それ以上に手が動く!足が動く!働く!素晴らしい!ちょっと嫌だなと思うようなことでもみんなでワイワイ楽しくできるという才能はとっても大切だと思うのです。そんなみんなともうすぐ別れなきゃいけないなんて寂しすぎると思いながら、新しいクラスでも楽しい空気感を作り出せる1人1人であって欲しいと願っているよ。使い終わったスコップや一輪車、長靴をキレイに洗い上げて、本日の労作は終了となりましたとさ。

0117_ro00 0117_ro01 0117_ro02 0117_ro03 0117_ro04 0117_ro05 0117_ro06 0117_ro07 0117_ro08